充実の福利厚生 三菱ケミカルグループの人材派遣会社 エムシーパートナーズ

ホーム > ブログ > 派遣について > 派遣社員の失業保険について

派遣社員の失業保険について

2018.06.20

「派遣社員として働いた後、離職をした場合、失業保険の給付を受けることができるのか」気になる方も多いと思います。
雇用保険に加入をしていれば、給付金の支給を受けることができます。


今回は「失業保険」についてご紹介します。

 

■失業保険とは
失業保険には、「雇用保険制度の失業等給付金」という正式名称があります。
失業保険は、働いていた人が職を失ってしまったときに、新しい仕事に就くまで受け取ることができる給付金です。

 

▼どのような場合に失業保険はもらえるの?
雇用保険に加入している場合に失業保険の支給対象になります。「離職前の2年間に雇用保険に通算で12カ月以上加入していること」、そして「求職の意志があること」の2つの条件を満たしている必要があります。

 

 

■失業保険の給付を受けるためには
失業保険の給付を受けるためには、ハローワークに必要書類を持参して手続きを行います。
必要な書類は、会社から受け取る「離職票」と、写真付きの身分証明書、印鑑、写真、本人名義の普通預金通帳です。
受給資格の決定が行われ、「雇用保険受給者初回説明会」に参加し、失業給付に必要な書類を受け取ります。

 

▼失業保険の支給までの「待期期間」
受給申請を行ってから7日間の待期期間があります。
退職理由により、待期期間満了の翌日から3ヶ月を経た日まで給付制限になります。

 


特定受給資格者に該当する場合や、特定理由離職者に該当する場合には、支給条件が緩和されるケースがありますので、分からないことがある方は管轄のハローワークへ相談してみてください。

 

エムシーパートナーズでは、条件を満たす全ての方に各種社会保険にご加入頂きます。

カテゴリ

スタイルで働き方を選ぶ

お仕事検索

おすすめ仕事情報

求人情報検索

拠点の紹介